読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦犯の勢い

確実に深夜に勢いで書いているブログなので、次の日の朝には恥ずかしくなっちゃうようなブログです。

僕がラッパーになった理由 2

一昨日はMCバトルに出会ったところまで話しました。

 

そっから何故、自分でやるようになったか。

1年以上YouTubeやDVDなどでMCバトルを見るようになって、地上波でフリースタイルダンジョンが始まって、若者を中心にラップブームが始まりました。ほんとみんなラップ見たりやったりしてますね。まぁ、僕もラップブームに乗った人というか、ラップブームにさせた1人なわけです。

急になんですが、サイファーって知ってますか?簡単に説明すると、輪っかになって順番に即興のラップをし合う練習みたいなもんなんですが、そのサイファーが長町で開かれるようになったんですね。そこで宍戸(弟)と行きたくね?行くしかねぇなってなって行っちゃったっていうあれなんです。

 

そこにはゴリゴリのヤンキーがいたり、弱々しい人がいたり、フリーターがいたり、戦極15章本戦出場者がいたり。もうラップ上手い人ばっかでくそビビりました。初心者の僕達はもちろん下手。僕は人並みにリズム感があって、正直頭の回転は早いほうだと思うのでぎりぎり大丈夫だったのですが、もう宍戸(弟)が下手すぎて笑いましたね。今でも下手です。

 

でまぁ、見ててすげぇ楽しいものはやってみてもすげぇ楽しくてどハマりしてるわけです。

 

サイファーは楽しいんですけど、さすがにクラブに行ってイベントとかに行くのは流石に怖くて、危ない噂もよく聞くので。でもよく知ってるライブハウスでバトルイベントをやるっていう話がTwitterで回ってきて、そこならってことでエントリーして初めてちゃんとしたラッパーとしてラップしたのが3月のこと、7月にラップ始めてから8ヵ月くらいですね。正直、MCバトルくそ見てるし、もともと備わってた頭が良いのでそこらへんの奴らよりは上手くなってるという自信があって、その自信と実力がある程度発揮できて初めての大会は準優勝。なかなかチヤホヤされましたね。年下の方だったし。余裕だけど。

 

ちょっとラッパーになった理由というのは明確にはないけど楽しいからやってます。そんな感じです。みんなもやろう。

 

僕がラッパーになった理由

あ〜、クラスTシャツの背中に入れる名前ミスったな。

「ねる単推し」は面白くないし、キツイわ。てか良い名前無い?

 

洞口琉ですっ☆

 

ということで欅坂46のメンバーである小林由依さんのブログのような始まりを見せたところで本題に入っていきましょう。

 

「おいラップしろよ笑」この言葉に脅されながら日々過ごしているわけですよ。まぁ、そうなるわなって話なんですけど、ではなぜ僕がラッパー()になったのか、ラップに出会った所から遡って話していきましょう。

 

僕が初めてラップ、もっと詳しく言うとMCバトル(即興のラップで相手を攻撃し合う、アメリカ発祥のHIPHOP文化)に出会ったのは今から2年前くらいの中学生の時、いつものようにサッカーの練習試合を終え、友達の親の車に乗せて家に送ってもらっている時。

 

宍(弟)「高校生ラップ選手権知ってる?」

 

洞口「わかる!関連動画によく出てくるわ」

 

宍(弟)「見てみ、マジですげぇよ、MCニガリの早口で返すとことかすげぇよ」

 

千葉「めっちゃう〇こやん」

 

2年も前の話なので正確な会話は覚えていませんが、だいたいこんな感じのやりとりがありました。そのころYouTuberにめちゃくちゃハマっていた私達は毎日動画を見ていました。モノマネとかめっちゃしてました。東海オンエアがぐんぐん伸びてきた時期ですね。まぁ、暇な僕達は家に帰ったら即YouTubeで「高校生ラップ選手権」と調べ、何度か目にしたことのあるサムネをクリックして第7回の高校生ラップ選手権を見たのです。

 

「なんやこれええええ!!!!!!おもろ!!!!」

 

軽く衝撃でしたね。

 

基本的に何事も見下す癖のある僕は、ラップ、ラッパーというものにも偏見があって、ヤンキーとか頭の悪い人たちがやるもんだろ、とバカにしていたわけですよ。それを見るまでは。

僕は見てしまったのです。いかにも田舎の高校生といった見た目の青年がヤンキー相手にバチバチにラップをしているのを、即興で韻を踏み、相手が言ってきたことに対して返答し、さらなるディスを飛ばす。極めつけは素人目でもすごいと思える早口ラップをされたらすぐにそれよりもすごい早口ラップを返していたのです。

 

「やべぇ…」

 

思わず言ってしまったと思います。当時の僕は多分言ってしまったと思います。

 

まぁ、そんな衝撃を与えられた僕がその後MCバトルというものにどっぷりのめり込んでしまったのは言うまでもなく、毎日行動を共にし、家族より長い時間一緒にいる部活の仲間達も興奮のツボが似てきていたらしく、どっぷりハマっていきました。

 

そんな感じで僕のラップとの出会いはこんな感じですね。あれ?まだラッパーになってないよね?見てるだけだよね?と思ったそこのお前。だいぶ長くなったから続きは明日のブログで。

 

 

チャ、チャ、チャ、チャ、チャ、チャ、チャンネル登録よろしく。(マホト風)

宇宙の話をしよう

なんかこう。堅苦しい感じじゃなくて、もっと気軽な、芸能人が書くようなブログが書きたい。

 

ということで「宇宙の話をしよう」

 

これマンガの宇宙兄弟の中で出てくるセリフなんですけど、なんかカッコよかったので使ってみました。

 

僕は暇なんです。だから最近はマンガばっかり読んでるんですけど、面白すぎてみんなにも読んでもらいたいマンガがいくつかあるので紹介しますね。

 

宇宙兄弟

みんな僕と同じ世代だから絶対1度は見たことあると思う。アニメを。小学校くらいの時にアニメが始まってみんなで見てた覚えがある。

ハマった奴はマンガ買って、小学生だし宇宙飛行士になるとか口走ってた奴もいたのが懐かしい。中身としては宇宙飛行士の話です。

 

GIANT KILLING

知る人ぞ知る名作マンガですねこれ。これも小学生くらいの時にNHKでアニメが始まってすごい見てたのを思い出します。いや、これ本当に面白いから見て。スポーツマンガの頂点だから。あ、プロサッカーの監督の話です。

 

ワンパンマン

これもみんな知ってるよね。面白さにも色々あると思うんだけど、これは笑える要素が多いマンガです。最初は原作のONE先生がウェブサイトでマンガを投稿してて、それがウケて、読者だった村田雄介先生っていうアイシールド21とか描いた漫画家がコンタクト取って、原作ONE.作画村田雄介っていう形でリメイクされて、となりのヤングジャンプで連載され始めたんだけど、ぶち上がった。リメイク版はヤンジャンで連載されると同時にニコニコ静画のマンガジャンルのとこでも連載されてたんだけどバカウケ。あの時の興奮忘れない。小学校の時はニートだったし。つまり最強に面白いってこと。あ、ヒーローマンガね。

 

「東京喰種」

さっきからベタなマンガしか出してないんだけど、ベタなマンガがどうしてベタなのかって言ったらクソ面白いからに決まってるわけですよ。これもくそ面白い。僕自身グロいマンガは好きじゃないんですけど、これはそれを超えてくるストーリーの面白さ。いわゆる考察班ってのもネットでバンバン出てくるようなマンガ。正直続編の方は僕がバカすぎて面白いんだけど話についていけない部分がある。けど無印版は完結してるしすごい面白いから見てほしい。あ、人間を食べる生き物の話です。

 

ということで中身を全く紹介しないマンガ紹介でした。

 

これ、伝わってんのか。

 

卒業の話

卒業の話をしよう。

 

時期的にはもう遅いと思ったかもしれないが、時期は関係ない。

少し補足入れる。「童貞卒業の話をしよう」

 

僕は今年で17歳童貞である。

なかなかいい響きですごく聞き覚えのある言葉だ。

 

それは「17歳童貞」という言葉が存在するからである。

もっというと「17歳非童貞」が存在するからである。

 

「14歳童貞」なんて言葉は存在しない。なぜならそれが普通だからだ。14歳で非童貞の人もいるかもしれない、でもそれは稀であって世間一般からすれば14歳は童貞である方が相応しいのである。

 

しかし17歳はどうだろうか。

 

高校生活にも慣れてきた彼らは恋をする。新たな生活で出会った異性との交際期間が長くなっていく。そして女子高生がエロくなる。

 

実際に私は、性に関して完全にカースト最下層の高等専門学校高専に属しているわけだが、その高専であったとしてもクラスメイトのイケメンは彼女とお泊まりをし、その晩エッチをしている。

 

正直、ちゃんとした証拠はないが普通高校だともっと非童貞がいるのではないか。

 

恐ろしい年齢だ。何が華のセブンティーンだ。

 

中学時代にひたすら面白いヤツらだけが集まったグループがある。そのグループについてはまた別の機会に詳しく説明するが、そいつらは面白い。顔はかっこよくないが人気者たちだ。

そいつらのいい所は自分のキャラを突き通すために、まぁまぁモテてた奴でも彼女を作らなかったところだ。

 

しかし高校に入ってまぁまぁモテてた奴らはモテなくなった。今では奴らはもう性のモンスターと化している。正直僕もその一員だ。

 

だが何故か、1人だけ異様にモテ始めた奴がいる。

それがいわゆる偏差値35~45くらいのおバカ農業高校に進学した、面白いお友達止まりのブサイクだった。まぁネタを誇張したいがためにブサイクと記載しているがそこまでではない。

 

バカ高校に進学したお笑いキャラがモテているのだ。なんという屈辱。一番見下してたパターンの高校なのに。

 

見た目化粧しててギャルっぽかったりビッチっぽかったりする子は実は処女で純粋。とかいうエロ同人誌的設定は幻想であったのだ。やっぱ見た目通りヤリマンだ。

 

その友達はもうそれはそれは今私が取り組んでいる微分積分法など1ミリも理解できないような見た目と喋り方をしている女の子と付き合って、1週間でお泊まりしてエッチしちゃっているというのだ。しかもどっちも経験人数は2人目なのだ。なんだお前ら。隠し撮りして地元中学にばら撒くぞ。

 

彼はこのブログを見れる数少ない友達なのだが、私はこの記事を書いている。完全なる腹いせだ。

 

でもそれでいいのだ、私は祝いたいのだ。彼の卒業を。そして感想を聞いて自分にいずれ訪れるであろうその時のために備えたいのだ。

 

りょうくん、おめでとう。そして散れ。

 

そしてまだ僕は童貞で良い。逆に童貞じゃなきゃ困る。正直今まで付き合った女の子で卒業しちゃってたら後悔してる。だからこそ今好きな子は一緒に住めるかどうかすら考えている。

 

でもなんだろ。下ネタであんなに盛り上がってた友達がエッチしてんのかぁ…泣けるなぁ…

 

でも、お前らあと2ヶ月で別れるから…

 

はぁ…中2の時に買ったコンドームが部屋の片隅に隠され泣いてるぜっ

 

年頃

ブログを始めた。

小学校の頃にAmebaが流行ってその時もブログを書いていたから、4.5年振りになる。

 

そもそもなぜこのタイミングでブログ?

 

まぁ、要因は色々ある。

僕が好きな欅坂のメンバーのブログを僕が毎日チェックしててやりたくなっただとか、兄のブログが好きだからだとか。

 

僕のツイートの頻度を知っている人なら分かるように、自分についての文章を書くのが好きで、自分を知ってもらうも好きだ。

 

目立ちたがり屋だ。

 

そういう性癖かも知れない。

 

だからこそ「ほらを。」で呟いているネタ用の僕ではなくて、もっと根底の根暗でクズな部分を出して行きたいし、そういう部分を知って尚、好きでいてもらいたい。

 

というここまでが前置きだ。いや前置きとしては長くなりすぎたのでこのブログ初の記事はこれくらいにしておく。

 

これからはもっと長くなる。ということだけは覚えておいてほしい。